スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーションバネ作ってみた

JINS PCメガネ買おうとしてるrealteckです。

さて、実は土曜日には出来上がってたネタを早速紹介。
まずホームセンターにて、ハンドドリルとタップハンドルを購入。
全体的にはこんな感じ↓
120625b.jpg
家にあった万力でハンドドリルを固定。ハンドドリルは固定しにくいものもあるので選ぶには注意が必要です。自分が買ったのは中央にシャフトが走っていて、そのまわりを鉄のフレームが覆っていたので難なく固定できました。
左から二番目の長めのやつがタップハンドルです。
大きさのチョイスに若干気を使いました。ハンドドリルは1000円だったんで直径6mmまでしか対応してないのですが、まあドリルチャックは多分変更できるし、ならタップハンドルも大きいの買っちゃえてなわけでM13のタップ対応のを買いました。
120625c.jpg
さて、先ほどヤスリがデデデンと置いてありましたが、あれはピアノ線固定用の釘を削った名残です。
六角ボルト・ナット100mmのピッチが無い部分でピアノ線を巻いていきます。手で手前側に押さえつけながら、反対方向に回るようにゆっくりハンドルを回すと自然とバネが巻けます。
動画で見たいって方は「バネ自作キット」でググると多分出てきます。

さてここでピアノ線固定用の釘を入れるためにはタップハンドルの微妙なくぼみが重要だったりします。ボルト・ナットが円形なので滑ってしまいそうですが、しっかり固定すれば勝手に動くことはほとんどなさそうです。
が、多分これちゃんとした使い方じゃないので、道具に傷がつくのが嫌な人にはオススメしません。
だったらタップハンドルの万力で抑えてる部分や、バネ巻き軸のボルト・ナットにもビニールテープぐらい巻いてあげるべきなんでしょうけどね。
120625a.jpg
そして作ったバネ。とりあえず二巻。う~ん、ちょっとピンぼけしてるかな。
でもかなり良い感じです。巻くとき、最初だけ「おいしょいっ!」ってやれば、パワーや繊細さに欠ける自分でもそれなりのが作れます。このセットを作るのにハンドドリルとタップハンドルで2000円。合計でも5000円はかかってないと思います。自分はトーションバネしか試してないですが、多分普通の押しバネとかも、ピッチの工夫次第で作れると思います。
何にせよ、トーションバネにはこれで困らなそうなので一安心です。
無いものは作れ。とはよく言ったものですね。

それではこの辺で。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

A4さん、コメントありがとうございます。
最近パソコンをやら電子辞書やらを見ると、すぐに目が疲れてしまう感じなので、早速買ってみることにします。
有益な情報に感謝です。

No title

JINS-PCいいみたいよ。
彼女が6月頭から使ってるけど、PCでの目疲れがなくなったらしい。
ディスプレイの光が強い、しんどい・・・と思うならお勧め。

ただ長時間の作業が"行いやすくなる"ので限度は自分で見つけてね。
最新記事
プロフィール

realteck

Author:realteck
2足歩行ロボットをマターリと製作の大学生。
製作日記はもちろんのこと、ロボットに関する理論・考察等もしてます。
基本毎週or隔週更新です。

realteck(当ブログ管理人)は
・JSRC(SRC)規格
・rp(ロパ)での機体評価方式
・大学ホビロボ連盟(2足版ロボコンの開催)
に賛成しています。

FC2カウンター
今までに訪れた人数
Twitter...
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。