FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空ロ研 「ロボットチューニング」

いつもニコニコ、日本の中の迷える浪人、realteckです。(ニャル子さん風に)
じょじょに暑くなってきました。気づけば明日は模試。去年もこの時期に受けたのが最初だった気がします。
一年間を無駄にしないよう様々な分野へ手を伸ばしつつ、でももうこんな生活はうんざりです。
でも浪人は決してそんじゃないのが、世間の評価らしいのですが、そんなふうに思えないのも、ならではです。

さて、前置きはこれぐらいにして、今回のタイトルはチューニング。

そもそもチューニングとは「バランスを取ること」ですが、一般に車などでは、よりその能力を上げていくことを意味します。
市販のロボットに関しても同じ事があってもいいはずで・・・って考えに至るのも至極当然です。
普通は設計を変えなきゃならないし、そうするなら1から作ったほうが何かと便利ですが。

ところでスズキの車にスイフトってのがありますが、アレはWRC(ラリー)用のスーパー1600なんてのがあって、市販車をベースにやる大会に出てます。(1600は排気量)
だからロボットもロボットバトルでrp(ロパ)、重量に縛りつけた大会が増えてくれればなあ~って最近思います。
(例えばrp1600、1600g以下とか。1.8kgSRCみたく、rp2200、1800g以下とか。まあ言ってるお前がやれって話ですが)


いや、そんな話がしたいわけではなく、なんかロボビーナノを改造したくなって
とりあえずU1kg用にサーボ数を倍に増やし、というかオールダブルサーボ化して、カーボン化したい。
でも結局あのサイズでは厳しいのが現実。ここ一週間はそんな考えが行ったり来たり。
考えが浮かんでもんもんと考える日々である。

※空ロ研は「ロボットネタの雑記」そんなくくりで見てあげて下さい。なんでこんなジャンルを作ったかは不明です(笑)。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

realteck

Author:realteck
2足歩行ロボットをマターリと製作の大学生。
製作日記はもちろんのこと、ロボットに関する理論・考察等もしてます。
基本毎週or隔週更新です。

realteck(当ブログ管理人)は
・JSRC(SRC)規格
・rp(ロパ)での機体評価方式
・大学ホビロボ連盟(2足版ロボコンの開催)
に賛成しています。

FC2カウンター
今までに訪れた人数
Twitter...
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。