スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横パンチ規制におけるモーションの考察

なんだかんだ3週間強も更新サボってたらROBO-ONE1週間前になっていることに驚きを隠せない、realteckです。
しつこいようですが決勝翌日は私の決勝こと国立二次試験なので行けませんorz

早速余談ですが、私の受験する大学がちょうど半分まで終わりました。
幸いなことに今のところ受けた大学全て受かっているのでヨッシャです。


まあそんなことはさておき、ROBO-ONE前ぐらいしかモーションについて語る機会がないので、例年の如く語っていこうかなと思います。しばしお付き合い。
今大会からベスト16までではあるものの、横パンチが禁止になったのはやはり大きいですね。
具体的にどんな攻撃が禁止なのかの解釈も曖昧で、結局は公式サイトにQAの画像が載ったわけですが・・・。
簡単に言うと、「普通に立って横に手を出して押し倒すのはダメ」って感じなんでしょうか。
横に手を出しても、足を掴んで前に倒す分には大丈夫みたいだし、本当に手羽先スラッシュとかジオアサルト系が禁止になっているだけな気がしますが、ルールはしっかり確認しましょう(笑)。

以前のように「パンチ対パンチ」や「パンチ対掴み」の構図が無くなるわけで、「とりあえずグリッパーをつけておこう」的なロボットも多いんじゃないかと勝手に思ってます。まあここでは横方向の掴み投げについては考察はしません。


そんなルールの中でもグリッパーハンドを敢えて持たずに挑む猛者を応援したい自分としては、やはり正面にパンチ出すことにどれだけ優位があるのかを考えるべきでしょう。
まず前にパンチを出すには、手を前方向に出すことが大前提となるので、どう前側に出すかが重要なはず。
例えば
①普通に立ったまま手だけを前に出す。
②普通に立ったところから腰を回して手を前に出す。
③片足を踏み込んで、腰を回して手を前に出す。
なんて感じに3タイプもあるわけで・・・。

しかし相手は横に向いてパンチするように手を出して掴みにくる(以下、「横掴み」と表記)と考えられます。
ガルーやガーゴイルクラスの横掴みが来たらひとたまりもないわけで、正面パンチ派はこれと闘わないといけません。ここで「正面対側面」の構図があっさりと出来上がるわけです。
さて、ここで横向きの相手にパンチ!しかし、相手も自分に向かって横に大きく手を出してくる。さあどうする?
ここでポイントをまとめます。
・横方向の攻撃は禁止なので、横パンチはしてこない。
・もし投げであっても、横方向に±45°、すなわち90°の範囲には投げない。
↑正面で挑むと、相手は自分にとっての横方向に投げようとする。
ということは「正面対側面」で挑む方が「側面対側面」で足を掴んで投げられるよりも倒れにくいから、正面から挑むことにリスキーさが少し無くなったということ?(←わかりにくい
この辺は実際にロボットを使って実験したいですが、床スレスレに横掴みし、そして投げてくる相手の攻撃がどれぐらい正面で受けきれるんでしょうかね。

さて、この状態からパンチするなら②か③でしょうね。①は当てるのが難しそう。
手がヘラなら②、横に広くない手(ナックル的なもの)だったら③。
特に③は、内側に殴り倒すスタイルでならいけそうな気がしなくもない。
しかし、やはり不利なことに変わりはない。これはやってみないとわからないですね。


次に、相手は横掴みしてくるからこちらも横で挑みたい、「側面対側面」を考察します。
私の結論はスバリ「ジオアサルトデシーブ」で。
えー、百聞は一見にしかず、ロボコンマガジン 2012年9月号のP31下に解説が出てます。
あとは姫路ロボ14のUstreamの1時間49分あたりから流れる、決勝戦での「レグホーン対エクセリオン」戦で見ることができます。最後のダウンはデシーブをバッチリ捉えています。

えー、制作者様ではないのでモーションの中身は憶測にすぎないですが、この技は敵の技をかわしながら横方向に大きく踏み込んで、少しタメてから(?)腰を捻ってパンチを出しているように見えます。
おそらく当てなくても横にパンチを出すと反則のカードが出る気がするので、「側面対側面」から相手の技をかわしつつふところや背中に踏み込んで、正面にいる相手にパンチを捻り込めれば有効ではないかと思っています(結局正面にパンチやん)。
ただ間合いが近いので、一瞬の勝負勘がある人向け。しかし決まれば相手の横掴みを交わした上で相手にパンチを浴びせられるので、五分五分に持ち込めるかなと勝手に思っていたり。

とまあここまで書いておいてなんですが、考察にすぎないですから、熱くスルーしてやって下さい。
実際に今考察した技をやってるロボットとかあまり見ないしねww。
これだけレグホーンの技を(勝手ながらに)書いているとすごいファンのように思われるかもしれないですが、パンチ攻撃が一線級で、かつ攻撃に名前を付けているので説明しやすいという事情からよく使わさせていただいてます。もちろんロボットとしても憧れていますが。(毎度引用してすみません)
他にも技名つけているロボットもいるのかもしれないですが、私自身その辺が勉強不足であり、もう普通のトークに「手羽スラが~」てな感じで使うほど浸透しすぎていたりします。

以上、realteckの「パンチ派の猛者空想のコーナー」でしたー(ちゃかちゃん ヾ(゚Д゚ )ォィォィ


横パンチ規制についていくつか書こうかと思いましたが止めました。
そういうのはサシで話すべきなのかなって。

私は受験に向かって頑張りますので、皆さんはROBO-ONE頑張って下さい。
ではまた次回。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

realteck

Author:realteck
2足歩行ロボットをマターリと製作の大学生。
製作日記はもちろんのこと、ロボットに関する理論・考察等もしてます。
基本毎週or隔週更新です。

realteck(当ブログ管理人)は
・JSRC(SRC)規格
・rp(ロパ)での機体評価方式
・大学ホビロボ連盟(2足版ロボコンの開催)
に賛成しています。

FC2カウンター
今までに訪れた人数
Twitter...
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。